読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の谷のミネとルツ

ネコとウサギとこまったちゃんの穏やかな日々

『黒祠の島』

f:id:param0609:20160822185523j:plain

小野不由美といえば、むか~しはまったのが『十二国記

その壮大な世界観と、鮮やかな登場人物に魅せられ、貪るように読んだっけ。

そしてアニメでは、半獣の楽俊のかわいいネズミ姿に悩殺。

 

小野不由美を知ったのが『屍鬼』だったから、本当はこっち↓↓を先に読んでおくべきだったのかもしれない。

 

黒祠の島 (新潮文庫)

黒祠の島 (新潮文庫)

 

   前述の二作品の方が、圧倒的な迫力があるけど。

夏は時間があるので、こういうのも楽しい。島に閉じ込められた感を演出してくれる台風の日に読むと、臨場感があっていい。

 

蛇足だけど「この作者なら、ただ殺されました~で終わらせないよな…」と読んでいると、惨殺された人物の入れ替わりが、当たったことがうれしかった。