読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の谷のミネとルツ

ネコとウサギとこまったちゃんの穏やかな日々

投薬治療

猫の谷の住人

我が家では、花王の「にゃんとも清潔」という猫用システムトイレに、ウサギ用のひのきチップを水増しして使っている。ウサギ用の方が安い上に(楽天のCharmで7㍑1100円)何となく消臭効果がありそうな気がするからだ。最近、このCharmで猫用の安い砂を見つけたが…。

 

そのトイレ砂に二種類のうん○が存在する。

 

それは、丁寧に砂をかけられしっかりと中に埋まったヤツと、

ぽてんと乗ってるヤツの二種類だ。

ほとんど猫たちと同じくらい在宅しているひげ兄が「ルツちゃんは砂をかけてない」と証言していて、それは在宅時間が長い分だけ信用性があると感じられた。

 

猫にはあるまじき警戒感のない、処理の甘いルツちゃんのうん○に

時々赤い血のようなモノが付いている。

生理が始まったのかな…と早合点した私に、「猫は生理に出血ないんだって」とネットで調べたひげ兄。

 

そういったことが続くので、近くの動物病院で看てもらった。

f:id:param0609:20160919004839j:plain

すると、ドクターが「新鮮なうん○がないとなんとも言えないが、とりあえず…」と出してくれた整腸剤と抗菌剤を、この一週間、毎日2回飲ませている。

朝は忙しいのに。

投薬のコツもつかめてきた頃、うん○の様子も変わってきて、

「ああ、薬ってありがたいなぁ」と

風邪で通院して、PL配合顆粒を処方してもらった時のように、

安堵感がひたひたとやってきた。

 

しかも「この子はお利口で、薬を口に入れても嫌がりませんね」と投薬の仕方を手本で示した時に、ドクターが言った一言が私の心をくすぐり…

「この子はお利口」というところだけリフレインをつけて、何回も何回も脳裏に蘇ってくるのが、くすぐられているように可笑しくて、嬉しい。

 

完全に猫親バカになっている。