読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の谷のミネとルツ

ネコとウサギとこまったちゃんの穏やかな日々

嫌うのはなぜ?

猫の谷の住人

約二週間先に来た、お兄さん猫のミネット君は、食がよくすくすく育って、もう子猫とは思えないほどの大きさである。

性格的にも飼い主に忠実で、好奇心も強く、人間が「ダメ」ということはよく分かっている様子である。

 

でも、目を盗んでカウンターキッチンに乗っているが。

 

しかし、この子は何故か?私のことを嫌っている。

 

それは、私が朝の七時に出勤し、夜の八時過ぎに帰宅する…というように、一日の大半、家を空けているから、外の人と認識しているからかもしれないし、

ひげ兄はほぼほぼ家にいるので、この家の主は、浪人生の彼だと思っているのかもしれない。

そこで私は、やっと、世のお父さんの嘆きの真意を知ることになる。

「おまえ、誰の稼ぎで喰ってると思ってるんだ!」と猫に言ってもむなしいものだが、

ミネちゃんは

「僕たちには僕たちの時間の流れがあるんだ」と言わんばかりの凜々しい風情である。

f:id:param0609:20161009174738j:plain

 

で、私は隙を見て無理矢理ミネちゃんをだっこしたり、あえて無視してルツちゃんをかわいがってみたり、おやつで気を引いてみたり・・・と中年男性が、妻や愛人に振り回される醜態を、猫を相手に演じている。

 

なんで嫌われているのかなぁ~。

掃除機を怖がっている勢いで、私にも心を開けないのかなぁ。。。

こんな風にゆったりと過ごしているのは、ルツちゃんやひげ兄と一緒にいるときだけ・・・。